logo

アットホームな歯科医院です

できる範囲が決められている保険診療も幅が広がる保険外診療も選択できます。

045-362-9223

診療時間

9:30~13:30 / 15:00~18:00

※ 木曜、日曜・祝日は休診
※ 土曜の午後は17:00まで診療

Web予約

休診日および診療時間外に関係なく24時間受付

予約する

小児歯科

子供の歯は、特に予防が大事なんです。


子供の歯も大人の歯も同じでしょ?と思う方も多いかと思います。 実際は歯の強さや根の形は子供と大人は違うんですね。
子供の歯は、大人の歯と比べるとエナメル質と言われる一番外側の白い層が薄く、虫歯にとてもなりやすいのです。 エナメル質の下にある象牙質の強度も弱いため虫歯の進行スピードが早くなります。 進行の早い虫歯は慢性の虫歯と違い黒くなりにくいため気が付きにくくなります。
虫歯になりやすいと言うことでは、生えたばかりの「大人の歯(永久歯)」もまだフッ素などの取り込みが少ないため虫歯になりやすい状態です。 生えて2~3年たつと安定すると言われています。


虫歯にしないために

まずはお子さんと同じスプーンを使用したりしないようにしましょう。
子供が小さいときは、大人のスプーンで「ふぅふぅ」してから、子供に食べさせたりしませんか?
これのイメージです。これをやめるようにしましょう。

虫歯は感染症なので、同じコップ、スプーンなどを使うと大人の菌が子供の口の中に食べ物と一緒に入ってしまいます。。。
出生後2~3年するとお口の中の菌の層が安定するので、それまでは控えたほうがいいようです。その後も、念の為控えましょう。

また、お菓子やジュースをダラダラ長い時間食べると虫歯になりやすくなります。
突然ですが、「ペーハー(pH)」ってご存知ですか?いや、覚えてますか?(笑)
中性を7.0として、酸性に傾けば7より小さい数字へ、アルカリ性に傾けば、7より大きい数字へ傾いていくアレです。

pHが、5.4を小さい数字へ向かっていくと、歯は溶け始めると言われています。
ステファンカーブという図があります。
これは、酸性の強い飲食物を口の中に含めると、pHが酸性に傾き、自身の体の力(特に唾液)で、中性に近づいていくという図です。

pH5.4を超えると歯は溶け始めると言われているとお話しました。
ですが、酸性に傾いても、体の力でもとに戻ろうとするんでしたね。

実は、唾液が頑張ってくれているので、そうすぐに問題にはなりません。
ですが、ジュースやお菓子をだらだら食べていると、常にお口の中がPH5.4を超えているため、どうしても虫歯になりやすくなります。

つまり、対策はこうです。
食事やおやつの内容、あと、食べる時間ですね。そこを一旦整理します。
口の中が酸性に傾いている時間を減らせれば、虫歯にはなりにくいですからね。
これで、だいぶ対策ができてきました。

これだけでは、足りません。歯ブラシも大切になります。
汚れが常についている状態では虫歯の菌がも酸を産生するため虫歯になりやすくなります。
お子様だけでは、どうしても磨き残し出ちゃいますから、大人がしっかり仕上げの歯磨きをしてあげてください。
もちろん、やり方は、当院でわかりやすくご説明させていただきます。

もしお子さんが小学校3~4年生くらいになって仕上げ磨きを嫌がるようなら、お口の中の汚れを染め出す液が薬局や歯科医院さんで販売してますので、それを使って本人に磨いてもらい、終わったらまだピンクに染まっている部分を大人が指摘してあげてください。(特に歯の内側はわかりにくので...)

では、まとめてみましょう!

例えば以下のような方法があります。

  1. 大人と同じスプーンやコップなどを使わないようにしましょう
  2. 飲食の内容と時間を整理しましょう
  3. 歯を磨いてきれいにしましょう!

ぜひ、ご自宅ではこのような虫歯対策を行ってください


歯医者さんでは

  • 飲食している内容と時間を一緒に整理してみましょう
  • 虫歯になる前にお子さんと一緒に歯ブラシの指導を受けましょう
  • 虫歯になりそうな部分はシーラントやフッ素の併用を検討したりしましょう。
虫歯になっても早い段階で気がつければ削る量なども少なくてすみますので、麻酔を使わないといけないくらい深くなる前に検診に行きましょう。
虫歯になってしまったら、基本は詰め物ですが、虫歯が深い場合は麻酔をし、神経をとったり、金属のかぶせものを作る必要があります。