logo

アットホームな歯科医院です

できる範囲が決められている保険診療も幅が広がる保険外診療も選択できます。

045-362-9223

診療時間

9:30~13:30 / 15:00~18:00

※ 木曜、日曜・祝日は休診
※ 土曜の午後は17:00まで診療

Web予約

休診日および診療時間外に関係なく24時間受付

予約する

高齢者歯科

口の健康とQOL(日常生活の質)の向上を目指しましょう


令和3年の敬老の日を迎えるにあたって、統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-が総務省統計局より発表されました。
総人口が減少する中で、高齢者人口(65歳以上の方)は、3640万人と過去最多で、総人口に占める割合は29.1%と過去最高とのことです。
さて、8020運動はご存知ですか?80歳になっても、自分の歯を20本以上保とうという運動です。平成元年に開始されました。
開始された当初は、8020を達成している高齢者の方は、10人に1人も満たなかったそうです。
その後、平成28年の調査では、75歳~84歳の方の51%が達成されているという結果が出ました。

最近では、この状況を踏まえて、歯の本数だけではなくて口の働きの重要性が注目されています。
「ちょっとした衰えを放置してしまう」とか「適切な治療がなされない」ことにより、
口の機能低下や食べる機能のトラブル、更には心身機能の低下につながることに対して、警鐘が鳴らされています。

ですが、この状態は「健康と機能障害との中間」ですので、早めに気づいて適切な処置をすれば、より健康に近づいていくとされています。
滑舌が悪くなった気がする。食べこぼしをするようになった。食事の時にむせるようになった。硬いものが食べにくくなった・・・・・・など
ほんの些細な、ちょっと調子悪いかな?って思ってしまうような、見逃しやすく気づきにくいために、注意が必要なんです。



当院での高齢者歯科

  1. 高齢者の一般歯科診療(虫歯の治療、歯周病治療や義歯を中心とした治療)を行っています。
  2. 口腔機能低下症の診察を行っています。

口腔機能低下症とは


こんな症状でお困りはありませんか?

  • 食べ物が口に残るようになった
  • 硬いものが食べにくくなった
  • 食事の時間が長くなった
  • 食事の時にむせるようになった
  • 薬を飲みにくくなった
  • 口の中が乾くようになった
  • 食べこぼしをするようになった
  • 滑舌が悪くなった
  • 口の中がよごれている
  • など、お口の元気が低下した状態で、栄養の偏りやエネルギーの不足になり全身の健康に悪影響を及ぼします。
    そこで、この状態をきちんと検査して、治療したり管理をすることが重要になってきます。

     50歳以上の方や運動障害のある方などで、お口の機能が少し下がってきた方が対象です。(保険診療の場合)

  1. 口腔衛生状態(舌の表面の汚れ具合)
  2. 口腔乾燥(口の中の乾き具合)
  3. 咬合力(歯の本数や噛む力の具合)
  4. 舌口唇運動機能(滑舌)
  5. 舌圧(舌の力)
  6. 咀嚼機能(咀嚼するちから)
  7. 嚥下機能(飲み込む力)
これからの検査結果を総合し「口腔機能低下症」の診断を行います。(当日にすべての検査を行います)
保険診療の場合は、50歳以上の方や口腔機能が少し下がってきた方の場合に行えます。
口腔機能低下症と診断された場合には、状況に応じて、歯科治療、口腔清掃指導、お口のトレーニングの指導などを行います。
3ヶ月後、半年後とチェックを行い、お口の働きをより健康に近づけていきましょう.