カテゴリー
歯科一般

虫歯がないから歯医者は行かない?

「虫歯になったから歯医者さんに行こう。」という方は多いかと思います。

「虫歯にならないから歯医者には何年も行っていないよ。」とおっしゃる方が多い・・・と知り合いの方に最近伺いました。

確かに虫歯は痛みのサインがわかりやすいため行く目安になりやすいのかと思います。ただ実際は虫歯より歯周病で歯を失う率のほうが現在は多くなっていることをご存知でしょうか?

歯が失われる原因で最も多いのは歯周病で37%ほどになり、次が虫歯で29%。破折が18%などになります。

歯周病の怖いのは痛みがなかなか出にくいため、かかっていることがわかりづらく、歯科受診をする時期が遅くなってしまうことが多いことです。

今まで歯医者さんとは無縁だったのに、ある日突然歯がグラグラと揺れ始め、痛みも出てきます。

ただ歯がかなり揺れてくるということは、周りの骨が吸収して無くなっているためです。そうなると、歯を抜かないといけなかったり、運良く抜かなくても、定期的に腫れやすく、揺れもある歯になってしまい不安を抱えることになってしまいます。

歯周病は全身疾患(高血圧、糖尿病など)にも関係していますので、体のためにも、歯のためにも定期的な歯石の除去は必要になるのです。